プロ起業家としてのスタートアップに必要なもの

 

起業の守りの専門家
持田那緒です。

 

 

前回の復習からみていきましょう!

 

起業の基盤は、

「ビジネスを理想のお客様
 届けることができるようになる」

という役割も果たすということをお伝えしました。

 

 

 

基盤がない方は、自分が理想とするお客様に
しっかりと届く仕組みがありません
から、
ターゲット違いの方が辿り着いていらしたり、
メルマガにたまたま登録したりします。

 

その結果、興味があるわけではないので、
ブログ記事も読まなければ、
メルマガも開封してくれません。

 

これは、至極当たり前のことですよね。

 

 

 

例えば、

無料セッションから本契約には繋がらないお客様ばかりが集まる。

申込が不安定で、コントロールできないから毎月の売上が不安。

いいことを発信しているはずなのに、アクセスや登録が増えない

 

という方は、要注意です。

 

 

 

 

では、そんな商品やサービスを理想のお客様に、
しっかりと届けられない起業家を卒業するためには
どうしたらいいでしょうか?

 

 

“プロ”起業家として世の中に認められ、
失敗や損失を最大限に避け、
みなさん望む起業ライフを
これからスタートするために
備えていなければならないのは・・・・

 

基盤」です。

 

 

 

 

これが整っていないと、

 

選ばれない、
様々なことに迷い、
右往左往し、
続けられない、
辛い、
生活が苦しい、
忙しい、
いつまでも時間的・経済的ゆとりが持てない、

 

そんな起業になってしまうことが多いです。

 

 

 

ここで、ぜひ、チェックをしてみましょう^^b

 

 

今そうなっている気がしていたり、
勢いで起業してしまった、
また手法から取りかかってしまった!!
という方は是非改めて見直してみてください。

 

 

整っているものをチェック!

□ 選ばれる起業家としての自己発掘ができている

 

□ 寝食わすれて没頭できるビジネス(シゴト)になっている

 

□ 迷い悩まないための、ゴールから逆算した明確な青写真がある

 

□ 実現可能な目標達成スケジュールがある

 

□ ビジネスを体系化・仕組み化していくための方法がわかる

 

□ 法律、税金、など各専門分野での相談役がいて、いつでも相談できる状態になっている

 

□ ビジネス・生活を継続していくためのキャッシュフロー計画が確立している

 

□ 大きなものを創り上げるだけの投資できる時間とお金、そして覚悟がある

 

□ 事前に大損害を避けるためのリスクマネジメントを幾十にもっている

 

□ ビジネス自体やサービス提供法に法律上の問題やトラブルが起こる可能性について確認済みである

 

(   /10)

 

 

さて、10コ中いくつチェックがつきましたか?

 

 

 

実は、上記の10コの項目は、
全4つの基盤合計70項目あるうちの10コなんです。

 

 

その、基礎の基礎、一番最初に考え、整えるべき基盤、

プロ起業家としてスタートするために必須な基盤

から選出した10項目です。

 

 

手法に走りがちな方は結構すっ飛ばしがちな、
重要なところです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

また次回も、
「起業でスムーズに売上につながる70の秘訣」
を、どんどん学んで、習得して行きましょう!

 

 

 

このような基盤を、実際に自らの場合はどうか?

というビジネスモデルから見直すワークショップを開催しています。

 

 

11月は東京・大阪で各1開催のみですが、
まだ若干お席に余裕があります。

スムーズに売上があかるようになる
ワンランク上の上質な起業を目指す
<ビジネスメークアップ講座>

11月16日(日)17時〜20時【大阪】
11月25日(火)18時〜21時【東京】

今スグお日にちを確保してくださいね!
http://www.office-seculegal.com/businessmakeup

 

自ら選択する自由は、あります。
環境は、自ら創るべし^^b

 

今日、ここから、始めよう!
今、ここから一緒に幸せになろう!

 

今日も素敵な1日を(^_-)-☆

 

 

 


この記事の著者

個人事業主・起業家の守りの専門家 持田那緒

個人事業主・起業家の守りの専門家 持田那緒個人事業主・起業家の守りの専門家

起業の守りの専門家
司法書士の持田那緒と申します。

起業家を守ってきた法律家だからこそお伝えしたい、
『愛され憧れられる起業の基盤のつくりかた』をお届けしていきます!

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る